「薄毛、抜け毛を改善したい」あなたは間違えた対処法していませんか?

薄毛や抜け毛の悩みは、自分に自信がなくなったり、毎日が楽しくなくなったり、性格が暗くなったりと、とても深刻な問題ですよね。

039

あなたもこのような悩みを抱えていませんか?

20代に入って周りから「髪が細いね」と言われだした事がキッカケで薄毛が気になりだしたが、そのまま何も対処せず、地肌が目立つようになってきた・・
30代から排水口が真っ黒になるほど、抜け毛が増えて枕カバーにもすごい抜け毛・・
そして50代では、周りの誰からも頭に視線を感じるほどハゲてしまい
帽子やカツラを被らずには人前に出れない・・

このように、同じ薄毛の悩みでも、年齢や状態によって、人それぞれ色々な薄毛の悩みがあるのではないでしょうか?

それもそのはず、
日本では約1260万人もの成人男性が薄毛の症状を抱えていると言われてます。

その対処法として様々な種類の方法がありますが・・・
中には効果を実感できない方も多くいる為、
「そもそも薄毛は治らないのでは?」と思う気持ちも分かります。

しかし最近は技術も進化し、薄毛は改善できるようになりました。
「効果がない」と感じる理由は自分にあった対処法ができていないことが理由です。

そのためには自分にあった改善法を見つけ、正しい対処法をする事が大切です。
それでは、まずあなたの症状にあった方法を確認してみましょう!

薄毛になる理由とは?

ではなぜ薄毛になるのでしょう?
性別が同じで年齢も同じなのに、どうして薄毛に悩む人とそうでない人がいるのでしょう?

024

 それはヘアサイクルの乱れが原因です。
ヘアサイクルというのは髪の毛が生まれて成長して抜け落ちて、また生まれ変わる
という一定の周期のことです。

成長初期⇒成長期⇒成長後期⇒退行期⇒休止期

このように人の髪は常に入れ替わっているわけですが
何らかの理由で成長期に異常が出て、髪の毛が成長できなくなり薄毛になるのです。

そこでヘアサイクルを正常に戻すため(薄毛の治すため)には、
あなたになぜヘアサイクルの乱れが生じたのか、
原因を探ることが薄毛を解消できる近道といえるでしょう!

 

ヘアサイクルの乱れの要因

薄毛を改善するのは、ヘアサイクルを正常に戻す必要があります。
このヘアサイクルの乱れも様々な原因があるのですが、まず考えて欲しいのがこちらです。
 生活環境の影響

薄毛にはこの生活環境もかなり影響しています。
お酒、タバコ、睡眠、ストレスなど日頃の生活の乱れがそのままヘアサイクルの乱れになるのです。

このような生活では頭皮の血行が悪くなり、髪に十分な栄養が行き渡らなくなります。

胸に手を当ててこれら生活の乱れがが当てはまるようなら生活習慣を整えながら
育毛剤やサプリで栄養を補うといいでしょう。

 血流低下による毛母細胞の影響

毛母細胞の活動をサポートしている頭皮の血行が加齢や上記の生活習慣の影響で悪くなると
発毛に必要な栄養素や酵素が行き渡らなくなります。

ここでの対処法も頭皮の血行を良くするため、育毛剤やサプリで栄養を補うことをおすすめします。

 外的要因による影響

帽子やヘルメットなどを長期着用すると頭皮が蒸れやすくなり、ホコリなどの汚れも付着して十分な栄養が行き渡らなくなります。
もし、仕事の都合で帽子やヘルメットを着用しなければならない場合は

アミノ系酸の薬用シャンプーで頭皮の汚れをよく落として、育毛剤でしっかりケアしましょう

 男性ホルモンによる影響

いわゆるAGA(男性型脱毛症)です。
成人男性によく見られる薄毛の状態で、男性ホルモンに、5α-リダクターゼという酵素が結びつき
強力な悪玉ホルモン(DHT)に変化する事、そのためヘアサイクルが乱れ薄毛の原因になります。

この症状の主な原因は、遺伝的な要素が関係していて額の生え際や頭頂部の髪、また双方から薄くなるのが特徴です。
しかし、AGAの原因は遺伝だけでなく、生活環境の悪化でも引き起こされるため、その判断は難しいものとなってます。

また遺伝といっても、悪玉ホルモン(DHT)を作らせない環境を作ることができれば十分に解消できるので諦めないようにしましょう。

対処法は症状によって、異なりますが、深刻な状態であれば、AGAクリニック等での通院
軽度であれば、悪玉ホルモン(DHT)を抑える成分を配合した育毛剤の使用をおすすめします。

このように、ひとことで「薄毛」とはいいますが、薄毛には様々な種類や症状、原因があります。
ですから、自分に当てはまった正しい方法で、ケアすることがとても大切なのです。