20代前半で生え際が後退(M字ハゲ)の原因とAGA対策

2014y12m14d_102233162最近自分の髪の毛が尿に気になり出したという20代前半の若者が急増しています。
「近頃髪が薄くなった」「髪が細くコシがない」「以前のように髪にボリュームがない」

そういえば、最近抜け毛が目立つし、フケや痒みもある、このままじゃ俺も若ハゲの仲間・・・
彼女もつくれなくなっちゃう・・

 

そのような悩みを抱えた若者が多いのです。特に生え際が後退(M字ハゲ)の悩みは深く
迅速なAGA対策が必要になります。

いずれにしても、薄毛や抜け毛が気になりだしたら嘆いてもはじまらない。そのまま何もしなければ、
確実に進行するのが若ハゲの特徴
嘆いている暇があったら防止する対策法を考える方が得策と言えるでしょう。

そこでシャンプーや育毛剤を使った対策法。
自分の悩みに合ったシャンプーや育毛剤を選ぶ必要があるのです。

ここでの悩みは、生え際が後退してきた、もしくは後退しそうで怖い・・ということですよね。

この生え際が後退するという原因に大きく関わってくるのが「男性ホルモン」です。

男性ホルモンは体内で作られると血中に分泌され、全身をめぐり受容体をもつ細胞内に入り細胞を活性化する。
そして睾丸で作られるテストステロンも血液で運ばれ毛乳頭細胞、毛母細胞の中に入ると、細胞内に存在する5α-リダクターゼという酵素の仲介でより作用の強い5α-ジヒドロテストステロン(5α-DHT)に代謝され、それが毛の発育を抑制するのです。
5α-DHTの作用の強さはテストステロンの約5~10倍といわれこれが毛乳頭、毛母細胞の活性を抑制し髪の成長を止めるのです。

難しい説明にはなりましたが、要するに男性ホルモンの働き(5α-DHT)が、抜け毛の原因となるのでDHTの生成過程における5αリダクターゼという酵素の生成を抑制しなければいけません。

つまりDHTの発生を抑える必要があるのです。


ですから、あなたの悩みの生え際の後退を対策するには、DHTの発生を抑えることに優れた育毛剤を選ぶ必要があるのです。

そしてこのDHTの量を減らすのに、プロペシア、フィンペシアに含まれる「フィナステリド」が効果が高いと言われていうのですが・・
「フィナステリド」は性欲減退、勃起機能低下などの副作用が心配されています。

そこで安全かつ安心に使えその条件を1番満たしているのが、人気今日上昇中のチャプアップ。
今、男性型脱毛症(AGA)対策で期待が高い育毛剤となってます。

2014y06m18d_170217637

CHAP UP チャップアップ

 

thumb_chapup_jp

チャップアップは育毛ローションに北海道産のミツイシコンブを使用。ミツイシコンブには褐藻エキスM-034を配合。毛球部に作用して、抜け毛を予防してくれます。

 DHT生成を抑制する成分
ヒオウギ抽出液
オウゴンエキス
ノコギリヤシエキス

 

これらを中心に50種類の育毛・頭皮ケア成分を独自配合している非常に高い効果が期待できる育毛剤なのです。

 

2014y06m19d_014918617育毛剤BUBUKA ブブカ

1thumb_bubka_jp

濃密育毛剤BUBKAには32種類もの育毛成分を配合。その中でも注目の成分が褐藻エキス、M-034は頭皮の血管を拡張して血流を改善する働きがあります。

 DHT生成を抑制する成分
ヒオウギ抽出液
オウゴンエキス
ノコギリヤシエキス

 

これらの育毛成分で毛母細胞細胞の活性化をサポートして毛髪の成長を促します。

 

2014y06m19d_081103330

薬用プランテル[plantel]

thumb_www_yupiesu_com

薬用プランテルは5αリダクターゼの働きを抑制するヒオウギを配合した育毛剤。さらに血行を促進するセファランチン、センブリエキスなどで栄養を毛乳頭に補給します。

 DHT生成を抑制する成分

ヒオウギエキス
その他、髪を育てる成分センプリエキス・セファランチン、さらに7種の自然由来の毛活性因子を最適に配合してます。