薄毛になる原因AGA(男性型脱毛症)はどうやって改善するの?

薄毛になる原因の1つ男性ホルモンによる影響が・・
 AGA(男性型脱毛症)

主に遺伝的な要因と言われているAGA(男性型脱毛症)
男性ホルモンは増えすぎると、髪の毛の成長を抑制し早く抜けてしまうと言われています
男性ホルモンと毛根部にある5α-リアクターゼという酵素が結びつくと
ジヒドロテストロン(DHT)という活性型の男性ホルモンに変換され
髪の毛の発毛を遅らせる働きをします。

正確に言うと、薄毛になりやすい遺伝子は意外にも父親からではなく
80%は母親から受け継がれるらしいです。

081805
しかし、そんな薄毛の遺伝子をもっているからといっても
必ず薄毛になるわけではありません。

あくまで薄毛になりやすい体質が遺伝するだけで、努力次第では、回避することはできます。

よく考えてみて下さい。
太りやすい体質の家系の方が全員そうなるわけではないですよね。
ちゃんと運動している人は太らないわけです。

薄毛もそれと同じ、きちんとケアすれば改善できるのです。

AGA(男性型脱毛症)の改善法

ではAGAと判断した場合どう対処すればいいのでしょう?

生活習慣により男性ホルモンのバランスが崩れたのであればこちらをご覧ください。

⇒生活習慣による原因かも>>

しかし、バランスのとれた食事をしてタバコもお酒も飲まない、よく寝るしストレスもない
ということなら、遺伝での要因の可能性大です。

そして典型的な症状として表れる経過が、額の生え際の後退によるM字型や頭頂部からの後退
また双方から薄くなるという症状です。

どうでしたか?
あなたがもし該当するなら、ここから注意して読んで下さい。

本気でAGAを治したいなら

まずAGAに昔から、効果があると言われている成分が、医薬品フィナステリド

商品名はプロペシアといって、「第一種医薬品」に分類される為、薬剤師のいるところでないと購入できません。

そこで、通販で買う方法が、個人輸入代行の「オオサカ堂」を利用することです。
「オオサカ堂」ではプロペシアと同時に使うとより効果があると言われているミノキシジルも購入することができます。

しかし、このミノキシジルタブレットも日本では未認可、
アメリカでは内服薬の許可が下りているので個人輸入(輸入代行)できますが、

元々は血圧を下げる薬であるため、低血圧を誘したり、動悸などの副作用も考えられるので
内服するときは信頼できる医師の許可を得たほうが無難です。

また、プロペシアも、もともとは前立腺肥大という症状の改善するための薬だったため
日常生活に支障がでるほどではないですが

「男性機能低下」「性欲の減退」の副作用リスクが考えられます。

092179

 AGAクリニックでの治療

上記のように、自己責任で使用できる方は、個人輸入でプロペシア、ミノキシジル等を手に入れて
服用してみてもいいとは思いますが、そのリスクを考えるとあまりおすすめはできません。

そこでAGAクリニックで治療することも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

AGAクリニックでは、これらプロペシアやミノキシジルを柱とした治療で
信頼できる医師の指導のもと、内服できるため安心です。

さらにこれらの配合量も患者の症状や進行具合1人1人にあわせてオーダーメイドで
調整してくれるので、万が一副作用が出ても成分を薄めたり、抜いたりできます。

さらに解消しているのわかりにくい好転反応の初期脱毛も悪いのか良いのか判断してくれるので全て任せることができて安心です。



AGAクリニックでおすすめなのが全国35院の⇒AGAスキンクリニック
医師自ら体験し実感した専門医療機関だから安心です。

これならあなたの薄毛の悩みも改善するのも時間の問題のように思えますが・・
でも全て解決しそうなこちらの方法も誰でも通えるものではありませんよね。

無料カウンセリングから、5,000円前後の初診、20,000円の血液検査
1ヶ月ごとの通院、診察など・・・

時間とお金に余裕がないと治療することはできません。

まずは育毛剤から始めてみるのもあり!

なので、もし通院する費用がない場合はやはり育毛剤に頼るしかありません。
最近ではAGAに対応できる育毛剤も増えているので確認してみてはいかがでしょうか?
DHT生成を抑制する成分が入った育毛剤
男性ホルモンが原因での薄毛でお悩みの方にお薦めする育毛剤はこちらです。

081377

⇒育毛剤総合ランキング>>