フィナステリドの副作用の不安に対する対処法とは?

358909
AGAの治療をする方は、AGA治療薬のフィナステリドの処方を希望するケースが多いようです。
フィナステリドは前立腺肥大の治療薬として活用されていましたが、フィナステリドの副作用としてED(勃起不全)、精子減少などがあります。

安全に育毛をしたいなら、フィナステリドと同じ働きが期待できる医薬部外品の育毛剤の使用も検討してみましょう。

AGAの原因物質である5αリダクターゼを制御できれば、抜け毛を抑えることができます。

抜け毛さえ減らせば、頭皮バランスが正常になって髪が少しずつ増えていきます。

例えば、毎日の発毛量が5とした場合、抜け毛量が6だと髪は1ずつ減っていくことになります。
両者のバランスを逆転させれば、髪を増やしていくことが可能です。
髪を生やすことは大切ですが、それよりも抜け毛を減少させることに着目するべきです。

5αリダクターゼを制御できる育毛剤

抜け毛減少のためには、頭皮にマイルドな育毛剤がおすすめです。頭皮の刺激となる育毛剤だと、頭皮バランスを崩して抜け毛を増やす要因となります。

頭皮に優しい育毛剤をお探しなら、オウゴンエキスやヒオウギ抽出液などを配合し、フィナステリドと同様に5αリダクターゼを制御できるチャップアップをおすすめします。
2015y09m23d_143208190
両者はAGAの原因を元からブロックできますが、決定的な違いは副作用の有無なのです。
チャップアップは天然由来の成分を使用し、あらゆる頭皮タイプに対応しています。
頭皮の化粧水のような役割もあるので、保湿をして抜け毛を減らすことが可能です。

⇒チャップアップの詳細はこちら≫

抜け毛の多さに悩んでいる方の頭皮は、保湿が不足していることが多いのです。
乾燥により抵抗力が低下すると、頭皮・髪は非常にダメージを受けやすくなります。
頭皮は乾燥してカサカサになり、フケが発生することもあります。

AGAの自覚症状には縮れ毛もあり、ストレートな髪が曲がるようになったら注意が必要です。
さらに抜け毛も増えているようなら、すでに薄毛が始まっている可能性がありますから、すぐにチャップアップを使用していきましょう。

チャップアップはフィナステリドと同じ働きを期待できますが、経口薬ではない点だけ注意してください。
頭皮状態が乱れていると毛根まで浸透しないので、毛穴の汚れはすっきりと落としてあげましょう。
アミノ酸系シャンプーを併用し、頭皮に刺激を与えることなく毛穴内部の汚れを落としてください。

それによって頭皮状態が安定し、発毛しやすい環境になっていきます。
育毛剤は清潔な頭皮に使用しないと、本来の働きを発揮できないのです。