薄毛の原因には生活環境や生活習慣が大いに関係しています。

薄毛の原因は、遺伝や男性ホルモン、生活習慣が影響していると言われています。

⇒薄毛の原因についての詳細はこちら>>

その中でも生活習慣と関係深い、食生活、睡眠、喫煙、飲酒、
そしてストレスなど様々なことからホルモンバランスが崩れたり、頭皮の血行が悪くなることが原因の場合も大いに考えられるのです。

 

 食生活

104687

昨今は食の欧米化によってファーストフードを食べたり、インスタントラーメンなどを食べる機会が、昔と比べても格段と多くなりました。

もちろん、そのような食生活が続くと、血圧があがり高血圧になります。高血圧は抜け毛の原因となり、太ると脂肪に栄養がいき、髪に栄養がいかなくなるので薄毛になってしまいます。

 睡眠
103902

睡眠不足も髪にとっては大敵
髪の毛を成長させるゴールデンタイムは夜の10時~2時と言われています。

不規則な生活は髪と頭皮に悪影響
成長を妨げ、薄毛の原因となります。

 

 喫煙

084156
さらに喫煙も髪にとって悪いです。
毎日の喫煙は血管が収縮し、血行不良を起こす原因となります。

そのため、頭皮の血行不良となり髪に栄養がいかなくなり薄毛になってしまいます。

 飲酒
104685

飲酒はアルコールそのものが悪いわけではありませんが、
一定量を超え飲み過ぎると、頭皮の血流も悪くなり髪の毛にも悪影響です。

さらに睡眠不足も同時に起こる可能性が高く薄毛の原因が心配されます。

 

 ストレス
084157

ストレスも薄毛とは密接な関係です。
精神的ストレスは、皮脂の分泌過剰や血行不良になり、頭皮に栄養がいかなくなるため
薄毛の原因になってしまいます。

 

 


このように、生活習慣と薄毛は深く関係しているため
まずはそれらに薄毛の要因を取り除けるように生活環境を見直す事が大切です。

ただ、それだけでは、悪化した頭皮の環境を元に戻すには、無理があるため
育毛剤やサプリメントで髪の毛に必要な栄養を補ってあげることが大事なんです。

081377

バランスよく頭皮ケアできる成分が配合された人気の育毛剤はこちらです。
⇒育毛剤総合ランキング>>